辞めていった部下は多分発達障害

未分類

私にはずっと心残りがあります。

それは、今年入社した部下が退職代行で辞めていったこと。

社会人経験は無いけど、私より1歳年上で、私の半年後に入社してきた部下は、とてもミスが多い人でした。

毎日のように伝票は間違えるし、新入社員が半日でこなす仕事に丸1日かかるし、1つのことに集中すると時間も次の仕事も忘れてしまいます。

恐らく発達障害だったのでしょう。

「なぜ他人がそんなことを言うのか」と思われるかもしれませんが、実は私も、新卒で入社した会社で、部下と似たようなことで叱られ、適応障害でメンタルクリニック通いし、発達障害の検査(WAIS)を受け、うつ状態で退職した経験がある、当事者だからです。

ちなみに検査の結果はグレーゾーンでした。記憶力が100人に1人の割合で悪いみたいです。

ただ、今の職場になってからは、ミスも少なく、建前上は『しっかりした人』で仕事ができています。

その理由は、職場や仕事が私に合っているからだと思います。


『大人の発達障害』というワードを春先になるとよく目にします。

『大人の』と付く位だから、それまでの人生は困らずに過ごしてきた方が多いのでしょう。

私も、自分が発達障害だなんて、これまでの人生で思いもしませんでした。

部下自身が発達障害だということに気づいていたかどうかは分からないが、何気ない会話から、自分の仕事のできなさに幻滅していたのは確かでした。

しかし、私が発達障害のグレーゾーンと診断され、新卒で入社した会社を辞めた後に、1年間フリーターとして様々職種で働いた経験から、発達障害だから全ての仕事ができない訳ではなく、単にその仕事や職場が合わなかった、という要素が強くあるということ。

今働いている職場は、習うより慣れよ、でマニュアルなんて無いし、クリエイティブ職も最初は営業の仕事を行わなければならず、それが部下には合わなかったのでしょう。

私は、同じような経験をしているのに、部下になんのアドバイスもできませんでした。

遅かれ早かれ部下は会社を辞めていたと思いますが、私がアドバイスや相談に乗ってあげれば、部下の気持ちを軽くすることが出来たのかもしれません。

それがずっと心残りで、今こうしてブログに書いて、少しでも気持ちを昇華させようとしています。

今回は直属の部下ではなかったけれど、もし直属だったらどう接してあげればいいのでしょうか。

そんなことがグルグル頭を巡っていますがが、もう部下に会うことはありません。

東京のどこかで、悩まずに生活していることを願って、私もこの心残りを2020年に置いていきます。

管理人
管理人

最後まで読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村参加中なのでポチっといただけると励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました