珪藻土マットのお手入れ方法!紙やすりで吸水力復活!

スポンサーリンク
ライフハック
管理人
管理人

古くなった珪藻土マットを価値上げです。

私は1人暮らしを始めてから、珪藻土マットを愛用しています。

最初は水をグングン吸い、とても感動していたのですが、吸水力が落ちてきました。今ではマットの上が水溜り状態に…。

また、一人暮らしでキッチンの後ろ側がバスルームだったからか、サバの味噌煮の汁を飛ばしてしまうこともあり、色んな汚れでシミもできていました。

そろそろ買い替え時かな、と調べていたところ、紙やすりで表面を削ると吸水力が復活するという情報がありましたので、私もチャレンジしてみました!

まずは紙やすりを調達

100円ショップで手に入れました

ホームセンターなんて行かないし、紙やすりどこに売っているんだろうと思っていたら、普通に100円ショップで売っていました!(しかも10枚入り)

これまでホームセンターに行くタイミングをうかがっていた私の半年間って一体…。ちなみに私の行ったキャンドゥでは、珪藻土コースターが置いてある場所に珪藻土用のやすりがありましたが、私の持っているマットは大きめなのでDIY用の紙やすりを買いました。

もちろんホームセンターにもあります

つい最近、新しくできたホームセンターに行ったので、紙やすりコーナーを物色してみたのですが、100円ショップより少し大きなサイズで1枚65円くらいでした。100円ショップの方が経済的なので、わざわざホームセンターで買う必要は無いかと思います。

いざ、挑戦!

100円ショップで買った紙やすりは

金属用:荒目(#60)、細目(#100)各2枚

木工用:荒目(#80)、中目(#100)、細目(#120)各2枚

とラインナップ多めに入っていましたので、木工用の荒目(#80)と細目(#120)、どちらの方が珪藻土マットのお手入れに適しているのか比較してみました。

まずは現状を把握します

まずはやすりがけをしていない状態の吸水力をチェックします。

水がプクー

悲しいことに全然水を吸いませんでした。さすが3年半選手…。

荒目のやすりで削ってみます

まずは荒目(#80)で削ってみました。

さっきよりは水を吸っているかも?

最初に水を垂らした左側に比べると、すぐに横に広がりました。でも、新品だった頃の吸水力にはまだ程遠いです。

細目のやすりで削ってみます

そして、細目(#120)のやすりでも削ってみました。

お!?

これまでと比べると、明らかに水の膨らみ(表面張力)が違います。

左から、やすりがけ前、荒目、細目

並べて写真を撮ってみました。こうして見るとやすりをかける前は全然吸っていないですね…。

珪藻土マットのお手入れにオススメな紙やすりは…

私が調べてみた結果、珪藻土マットのお手入れに適した紙やすりは細目(#120)でした。

表面を机を拭く感覚でくるくる~とやすりがけしていくと、サバの味噌煮の汁のシミも薄くなり、マットが全体的に白くなりました。石灰のような白い粉が出てきますので、外で作業するか、室内で作業する場合は、下に新聞紙などを敷き、作業が終わったらすぐに掃除機をかけるようにしてください。そして、珪藻土マット自体も粉まみれになりますので、掃除機で粉を吸い、乾拭きで粉を取るようにしてください。

以上で珪藻土マットのお手入れは終了です。

マットの大きさにもよりますが、30分ほどで作業が終わましたので、みなさんも休日など時間のある時にぜひやってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました